2014 / 05
≪ 2014 / 04 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2014 / 06 ≫

2日目、いよいよ本格的に観光が始まります。

ジヴェルニー

モネの家と庭園

モネ・水の庭10320591_499982786795886_5542521857057705428_n 
        絵画で有名な「睡蓮」の水の庭


モネ・花の庭10308315_499982880129210_2774850641936034999_n
           花の庭


モネの家10277617_499982910129207_1051753014413161487_n 
        モネの家




モネの庭の鶏 10172833_499982963462535_8214078609739531490_n 
         庭の隅で飼われていたニワトリ

  このパンチの効いた顔をした子が、盛んにコケコッコーと鳴いていました(*^^*)


その後、ルーアンへ
ルーアンの写真は、また後で~






 ルーアン

到着後、まずは昼食 
 一応、フランス料理

   ルーアン昼食10373752_518502828277215_1141671283627212701_n    
   サラダ(真ん中に乗っているのはツナ) 

  ルーアン昼食・鴨10440750_518502871610544_2204314371156133764_n        
       鴨料理 オレンジ風味のソースが美味しかった   

   ルーアン昼食・デザート10390027_518502884943876_2547928386843073713_n
     デザートはメレンゲ
 

  ノートルダム大聖堂 

    1063年創健から数世紀にわたって建築が進められた。
       そのため、時期により異なる様式で建てられている
  ルーアン大聖堂10346537_518503074943857_4907048852498053244_n 
  修復工事中で、残念!

 この大聖堂を、モネは様々な時間や角度で絵画を描いている
 ルーアン 旧税務署など10449927_518503251610506_193485185693836098_n 大聖堂の向かいにある建物
      右と左の建物 ・左奥に少し写ってる白い建物 
    共に2階の左から3番目の部屋で モネがたくさんの絵画を 描いたそうだ

  たとえば、こんな感じルーアン大聖堂 モネart-meigakan_monet5-f6



  サン・マクルー教会
 
       ルーアン サン・マクール教会10177367_518548598272638_5097067511592165137_n  
          フランボワイヤン様式の装飾が美しい

 
    木組みの家が可愛い~
  ルーアン 木組みの家10449933_518523551608476_997396177638878652_n 
 


  サン・マクルー回廊 と 死の装飾 
  ルーアン サン・マクルー回廊1907330_518503751610456_5122339890513735968_n
        かつて、ペストが大流行したときの墓地だったこともあり
           壁面には、このような不気味な装飾も・・・
        ルーアン サン・マクルー回廊 死の装飾10384113_518502738277224_6296349695978750903_n



  ジャンヌ・ダルク教会
 ルーアン ジャンヌ・ダルク教会10420244_518505384943626_2901486882716424995_n 

  教会前の旧市場広場 と 木組みの家
  ルーアン 旧市場広場10289783_518505421610289_7661394376405570845_n 



  大時計
    16世紀に建てられた
       ルーアン 大時計 10351448_518504318277066_2073878404662928197_n 

    

     その後、憧れのモン・サン・ミッシェル へ
        その3へと 続く 



夕方、憧れの モン・サン・ミシェル へ

こちらは日の入りが遅い。
これで、9時半頃。

大潮だったので、海に浮かぶモン・サン・ミシェルを見ることができました。
モン・サン・ミシェル 夕景10177883_518506498276848_9048767152516882503_n 

対岸のホテルからモン・サン・ミシェルまでは、2.5kmほど。
  暮れゆくモン・サン・ミシェルを見ながら歩いて行きました。


 10時過ぎに 到着
         入口近くの 大通り門
        モン・サン・ミシェル 入口10445457_518506824943482_4345508303635126360_n  
        
          王の門
        モン・サン・ミシェル 王の門10291688_518506994943465_2795956826095836502_n
 
 
         メイン通りの グランド・リュ
        モン・サン・ミシェル グランド・リュ10402512_518506851610146_7705639013251200045_n 
 
       頂上にある修道院を 下から見上げる
        モン・サン・ミシェル 夜景 修道院   

  帰りは シャトルバスで帰りました。  写真、手ブレ~(-.-;)
        モン・サン・ミシェル シャトルバス
    このシャトルバスは、運転席が前後両方にあって
     着いたら運転手が反対側の運転席に移動。
      車を回さなくて良いようになってます。 道が狭いから・・・
         う~ん、良いアイデアだ!


 ホテルのベランダからも 
    ライトアップされた モン・サン・ミシェルを望むことができました。
モン・サン・ミシェル ホテルのベランダより10411274_518507078276790_6117872976238592917_n 




 5月2日
モン・サン・ミシェル

 モン・サン・ミシェルは、708年に大天使ミカエルよりオベール司教が告知を受け、
        この岩山に聖堂(修道院)を建てたそうです。
   以来1300年に渡り、巡礼地としてまたは要塞や牢獄として
         数奇な運命を辿ったのだそう。


   ホテルのベランダから、夜明け前のモン・サン・ミシェル
 モン・サン・ミシェル 夕景10177883_518506498276848_9048767152516882503_n


   いよいよ皆で観光。(昨夜はフリータイムに行ったので) ...
 モン・サン・ミシェル 私10303733_500308706763294_4984244671989533748_n
   気温の低さに加えて 海風が吹きっさらしで メチャクチャ寒かった。


  モン・サン・ミシェル入り口付近
 モン・サン・ミシェル島内10325766_500308833429948_5796748092457234221_n


   サン・ピエール教会(左下はジャンヌダルク像)
  モン・サン・ミシェル サン・ピエール教会 1506043_500308906763274_6127194277996667923_n


 ナント!この2日前からストライキで、てっぺんの修道院は入ることができず…(T_T)
 その代わり、普段ツアーでは行かない所までゆっくり回ることができました。
               モノは考えようで…

    この写真は奥の方
 モン・サン・ミシェル 島内奥いろいろ10305979_500308956763269_7935262895011517370_n
    左下は 修道院の尖塔の先の大天使ミカエル
 

フランスでは、あちこちで、いろんなことを理由にストライキが行われるそうです(-_-;)


   大潮の日だったので、海に浮かぶモン・サン・ミシェル
 モン・サン・ミシェル 島内奥10154457_500309013429930_7454683610613960546_n 


  最後の写真は、昼食。モン・サン・ミシェル名物のオムレツとフランス名産のシードル
 モン・サン・ミシェル オムレツとシードル10330458_500309100096588_137153811022468474_n
   残念ながら、元祖のラ・メール・プラールではありませんが・・・

 

 ちなみに、モン・サン・ミシェルを好きな国 No.1 は 日本だそうです。
   真冬のモン・サン・ミシェルには、日本人しかいないとか・・・


   このあと、ロワール地方へ。


          続きはのちほど。




     5月2日 昼食後

   ロワール地方

 お泊りだけの予定だったけど、早く着いたようで
   先に アンボワーズ城を見に行きました。
         ここは、外観だけ。

 アンボワーズ城  (世界遺産)
  歴代フランス国王に愛され続け、シャルル7世以来、8人の王が城主となったのだそう。
            手前は、ロワール河
アンボワーズ城 
 1516年この城にレオナルド・ダ・ヴィンチが招聘され、 モナリザを抱えて行ったとか。
     1519年に、この地で没したそうです。
    城内の礼拝堂には ダ・ヴィンチの墓碑があるらしい。

 ということで、河の対岸に レオナルド・ダ・ヴィンチ像
  アンボワーズ城前 レオナルド・ダ・ヴィンチ
       子供の遊具のようになってました(^_^;)


 お泊りは
     トゥール
   

  ホテルには18時すぎに到着 
         駅近で線路脇に建つホテル  

  鉄子じゃないけど
        窓からいろんな電車が見えてちょっとウキウキo(^▽^)o
       写真の右上が駅舎
  ホテルより・トゥール駅
   部屋の窓から 
ホテルより・電車1  ホテルより・電車2


 夕食が終わっても 20時ころだったので
     街の散策へ

  まずはすぐ近くの トゥール駅 トゥール駅
  パリのオルセー美術館と同じ設計者の建築で、とても美しかったです
駅舎内 赤いピアノ&鍵盤パフォーマンス
中では、真っ赤なピアノと鍵盤ハーモニカでパフォーマンスしていました。

    駅には改札口がなく、電車のすぐそばまで行くことができます  
電車と乗客 電車3    
電車 電車たち     

  トゥール大聖堂(サン・ガシアン大聖堂)
      トゥール大聖堂


   広々とした美しい広場と 市庁舎 
広場&市庁舎2  市庁舎・壁面装飾

        中央は裁判所
広場&噴水&電車

        21時すぎでこの明るさ
         ついつい、のんびり観光してしまいます



▼read more

5月3日
  ロワール地方 古城めぐり

  
 まずはシュノンソー城(世界遺産)

シュノンソー城 入口から

 16世紀初頭に建てられ、何代も女性城主が君臨したとても美しいお城です
 
   横にまわると、川の上に建っていることがわかるシュノンソー城10330331_500337503427081_5489504462956111676_n

 シュノンソー城・内部10250047_500337706760394_6826075255085602810_n 
  
    広大な庭園
 シュノンソー城の庭園


 シャンボール城(世界遺産)
    こちらは、外観だけ
シャンボール城10153770_500337806760384_3608246450229215602_n 



  シャルトル

シャルトル大聖堂
   シャルトル大聖堂10247238_500337886760376_843261472935602561_n

 シャルトル大聖堂・内部10308719_500338033427028_4616049493035357149_n
 内部は ステンドグラスが見事でした
   下段真ん中はフランス最古の時計。分針がない!
    分で動くなんて細かいことをしなかった、ということらしい。 
   

  大聖堂の近くにある木組みの家
シャルトル。木組みの家10338270_500338120093686_1229041611893291451_n 
        16世紀に建てられたもの

 

  パリ へ

  とうとう今回のツアー最後の観光地
 約30年前に新婚旅行で訪れて以来2度目のパリです(*^_^*)

  ホテルへ向かう途中、エッフェル塔撮影に立ち寄ってくれました

 シャイヨー宮から望む エッフェル塔  
  シャイヨー宮から望むエッフェル塔

 今日からパリで3連泊
       ちょっと、ほっとします。





▼read more

 5月4日
  パリ

まずは、シャイヨー宮
 

ここから、エッフェル塔を望む (って、実は前日夕方と同じ)
DSC01920_convert_20140705102659.jpg 


バスでパリの街を眺めながら移動 ・・・

   凱旋門
DSC01959_convert_20140705103038.jpg

横から見ると ・・・
   DSC01962_convert_20140705103256.jpg
  ここも修復中。  フランスって、あちこち修復中(^_^;)

   セーヌ河
    DSC02044_convert_20140705164427.jpg

    セーヌ河 



    ルーブル美術館
DSC02222_convert_20140705121439.jpg 
  30年前は真ん中のピラミッドはなかった
      光陰矢の如し (ーー;)

  中には、逆さピラミッドも
DSC02207_convert_20140705121040.jpg 

超有名な2点を。 共に30年ぶりのご対面。
    ミロのビーナス
   DSC02104_convert_20140705104311.jpg

    モナリザ
    DSC02142_convert_20140705120831.jpg
 30年前はもうちょっと空いてて、手前のガラスなんかなくて
                    すぐ目の前まで行けたんだけどな。

    今は、人がすごくて近寄るのさえ大変。
   かなり図々しく行かないと
     ずーーーっと後ろから、ちっちゃーーいモナリザしか見られない。 
            (あるいは横顔。平面だから見づらい。)
    もちろん、私は行きましたよ。ここまで来て遠慮してる場合じゃない!!

 
  建物も素晴らしい  
       DSC02110_convert_20140705170225 ルーブル美術館

DSC02187_convert_20140705121208.jpg 
   右手前は、ドラクロアの「民衆を導く自由の女神」
      世界史の教科書にも載ってましたね。

  名画の数々は素晴らしく、数も膨大。  敷地は広大。
    数時間の滞在では、ごくごく一部しか見られません。
     3日は通わないとムリ。




 昼食は、中華料理
   ヨーロッパ方面のツアーには、たいてい中華が1回出てくる。 
      フランス料理に飽きた頃・・という設定かな。
   まあ、どこの国も中華は、ハズレがない。

 で、食事の時は、ほとんどワインを飲んでいたけど、
  ここではビールにしてみた
   クローネンブルグという、こちらでは主要なメーカーらしい。
     まあ、普通に美味しかった。  
    DSC02247_convert_20140705122408.jpg
   

   
  
  食後は、ヴェルサイユへ。
     こちらも、30年ぶり。

                               その2へ  つづく・・・・・
                          

 5月4日 午後

  ヴェルサイユ宮殿

 最も 有名であろう 「鏡の間」
ヴェルサイユ宮殿・鏡の間 

        鏡の間 
  夫婦でも写真を撮ってもらったが
      30年前の写真と比べると、過ぎ去った年月の長さが 一目瞭然 (^_^;)

   
   パイプオルガン、お洒落~
         ヴェルサイユ宮殿・パイプオルガン

   ヴェルサイユ宮殿2

     ヴェルサイユ宮殿 

          ヴェルサイユ宮殿・ベッド 
      こんなベッドで、寝てみたい♪


ヴェルサイユ宮殿・庭 
    庭も広くて素敵だけど、今回はお預け(ーー;)

 ヴェルサイユ宮殿・外観
        外観


   宮殿の観光後
パリへ 戻る

  順調に戻れたので、夕食まで 1時間フリータイムに。
       オペラ座の横の道で 解散 

  まずは、オペラ座 前で記念撮影
オペラ座 

 1時間あれば、コンコルド広場まで往復できそう ということで 
    若干 急ぎ足で 行ってきました。
 

    マドレーヌ寺院
マドレーヌ寺院
  
   内部も ステキ
        マドレーヌ寺院・祭壇

   パイプオルガンの音が 鳴り響いていました
        DSC02565_convert_20140705141030 マドレーヌ寺院
    30年前は入れなかったので、中は初めて(^-^)

 寺院から コンコルド広場を 望む 
            中央の 塔のようなものは 広場の中央に立つオベリスク
        その奥は、ブルボン宮殿
マドレーヌ寺院よりコンコルド広場を望む 

   コンコルド広場
コンコルド広場 
 1775年に作られた広場
   フランス革命時にはギロチンが設置され
   ルイ16世やマリーアントワネットをはじめ1343名が処刑されたそうです (;´д`)  
  オベリスクは、1825年にエジプトから寄贈された ルクソール神殿の塔。


   夕食は、エスカルゴ !!
          DSC02585_convert_20140705141751.jpg 

          DSC02587_convert_20140705141854.jpg  

          DSC02588_convert_20140705142042.jpg 
                 デザートは、マスカルポーネチーズ   たぶん・・・(^_^;)

 
  

  ホテルに早く着いたので、ツアーの2組の夫婦と添乗員さんと私たち夫婦で バーで飲みました。
       DSC02606_convert_20140705185304 パリホテルのバー
                  結局、寝るの遅くなちゃった・・・

   


          明日は、一日フリータイム。 
                 楽しみ~ ヾ(@⌒ー⌒@)ノ   


  



  5月5日
  パリ  1日フリータイム

 とりあえず、地下鉄で 
  
     地下鉄
  ルーブル美術館の近くで降りて  

 チュイルリー公園
DSC02623_convert_20140705212946.jpg 
  ムソルグスキーの「展覧会の絵」の第3曲の舞台
         残念ながら、噴水は出てませんでした (;_;)
       中央奥に、コンコルド広場のオベリスク
    さらに奥に、凱旋門が見える

チュイルリー公園
    花がたくさん植えられていて、とても綺麗でした。

   マロニエの花も満開(左) 
           花粉症の原因にもなるそうで、私も鼻がムズムズ・・・
   マロニエ


 公演の隅にある オランジュリー美術館
     印象派の作品がたくさん展示されていました。
   特に、モネの連作「睡蓮」は圧巻でした
 オランジュリー美術館
   残念ながら、写真撮影は禁止


      オルセー美術館も行きたかったけど、月曜で休館日でした。 
                   これまた残念!


 公園を出ると、目の前がコンコルド広場
DSC02652_convert_20140705213337.jpg 
     右がオベリスク、遠くにエッフェル塔が見える


地下鉄に乗って移動
  駅の椅子が オシャレ
      地下鉄駅
  
 

橋を渡って シテ島 へ   向こう岸に見えるのは コンシェルジェリ
シャンジュ橋とコンシェルジェリ 
   コンシェルジェリは、かつては王室管理府として使用されたが
    フランス革命時は牢獄となった
      マリーアントワネットも 収容されていたそうだ


隣には、サント・シャペル 1248年に完成した教会 (奥の白い建物)  
       「後期ゴシックの宝石」と称えられる
     サント・シャペル
      
   この教会は、特にステンドグラスが 素晴らしい
     サント・シャペル 
   サント・シャペル

   サント・シャペル
     ここまでは 上階 (日本の2階)
       王や特権階級の貴族だけが利用できる礼拝堂

      
   こちらが地上階(1階)
     一般の人たちの礼拝堂
       細工は シンプルだけど、とってもオシャレ
サント・シャペル 
 
     サント・シャペル 


  ノートルダム寺院へ、近いので歩いて移動
      ここの近くの地下鉄・シテ駅の入口  これまた、おしゃれ~♪
   DSC02745.jpg   

 
  

   ノートルダム寺院
     ノートルダム寺院 
   最後の審判の門
  ノートルダム寺院・最後の審判の門  

    ノートルダム寺院 ノートルダム寺院 

          ノートルダム寺院

          ノートルダム寺院 

   ノートルダム寺院・聖母マリア


ノートルダム寺院のすぐ近くのカフェで 軽く昼食
   のはずが、大きい・・・(^_^;)
 DSC02825.jpg DSC02822.jpg

    
  DSC02835.jpg
     オレンジの店がカフェ  右奥にノートルダム寺院

 

         続きは 後ほど・・・


      

    パリ  午後の部

昼食後、セーヌ河岸を歩いて地下鉄駅へ
  途中、素敵な建物があったので
   写真撮って後で調べたら、市庁舎でした
  ヨーロッパの歴史ある建物って、ホントにステキ!
  パリ市庁舎
 

  これって、普通の光景なのかな?
     パリ・おまわりさん
      おまわりさん 

       地下鉄
  地下鉄に乗って
      またまた、オペラ座
 
     オペラ座 
                 でも、今回は外観だけじゃないよ!


 いよいよ楽しみにしていたオペラ座内部の見学
     横の入口から・・
    DSC02899.jpg

  豪華絢爛な装飾と高い吹き抜けに、圧倒されました
    オペラ座入口付近

    オペラ座 下から見上げる
 
  DSC02960.jpg

   DSC02973.jpg
  DSC02935.jpg   
      
座席も素敵(*´ω`*)       
    オペラ座・座席
    天井には シャガールの絵
 DSC03014.jpg  
          DSC03020.jpg


   DSC02985.jpg
    
     テラスから オペラ広場  
       中央突き当りは ルーブル美術館

  DSC02997.jpg 

     通路には たくさんの銅像が・・    
   DSC02917_20140720121355892.jpg
   そして、様々なオペラの衣装が展示されていて・・
   アイーダ 
 DSC03050.jpg  DSC03053.jpg 


  オペラ座を堪能したあとは、凱旋門 
 DSC03070.jpg 
   凱旋門の下へは地下道を通っていく
   30年前は、なかったような気がするんだけど・・・
  
   凱旋門から
 凱旋門の周りは、信号のないロータリー
      車がノンストップでぐるぐる回っている
   
 

  30年前、車の間を縫うように下まで行ったのは記憶違いかな?  

   下から見上げると・・・
   DSC03074.jpg
 この下で、休憩していたら、けたたましいサイレンの音が聞こえてきて
    白バイ(?)に先導され車列がロータリーを回って行った
  

  黒塗の車には、日本の国旗

   そういえば、安倍首相がパリに来てるんだった
     きっと安倍さんが乗ってたに違いない!

           そういえば、トルコに行った時も、後から安倍首相が来たっけ。
                 なんか追っかけられてる?
          
      
  
                       な~んてね (^_^;)


   遠くに 新凱旋門 が見える
      新凱旋門

    凱旋門に登りたかったけど、
  夫の元同僚’(パリ在住)と 夕食を食べる約束をしていたので
      時間がなくなっちゃった
        残念!

       
              その3へ続く・・・
  




   

ジュナナst

Author:ジュナナst
FC2ブログへようこそ!